割り切り相手は出会い系サイトで探すのがおすすめ

割り切りエッチの相手が欲しい!出会い系サイトで探す方法を徹底解説

割り切り相手が欲しいけれどどうやって探せば良いのかわからいという男性はいるのではないでしょうか。割り切り相手を探すなら簡単にすぐ出会う事ができる出会い系サイトを使うのがおすすめです。

この記事では、優良な出会い系サイトを使って割り切り相手を探すやり方を徹底解説致します。

割り切りとは何か

割り切りとは、割り切った男女が身体の関係を持つことです。お互いの利害の一致で成り立っており、お互いに損のない関係性となっています。お互いの間には、しっかりとした信頼関係も成り立っています。

割り切りには、色々な意味合いがあり「お金を支払ってセックスをする割り切り」「大人が身体の関係だけを持つ意味での割り切り」があります。

今回は、出会い系サイトでお金を支払って出会う方法に焦点を当てて、お話したいと思います。

お金が発生する割り切りとは何か

お金が発生する割り切りには「援助交際」「パパ活」があります。主に出会い系サイト等での出会いが多く、若い女性から熟年層の方まで幅広い年代の方が募集しています。お金が発生する割り切りと聞くと「売春行為は犯罪ではないのか?」という疑問が出てきてしまう方もいるのではないでしょうか。

18歳未満と売買春するのはもちろんアウトですが、成人と売買春するのも実はグレーゾーンなんです。

売春は、売春防止法と青少年保護育成条例というものがあります。

・売春防止法

人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗を乱すものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性交または環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする法律

・青少年保護育成条例

青少年保護育成条例は、日本の地方公共団体の条例の一つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称である。青少年保護条例や、青少年健全育成条例と言うこともある。

これは、未成年を守るために設けられた法律であり「売春自体はグレーゾーン」という事になんです。言ってしまえば、女性との同意があれば割り切りで捕まってしまう事はないという事になります。
未成年との割り切り行為は犯罪であり刑罰がありますが、売春は法律違反でも処罰されるわけではありません。
不特定多数の人が見る掲示板で「割り切りをしたい」と堂々と募集を出すとダメなんです。

割り切り相手を出会い系サイトで探す方法とメリット

ここからは、出会い系サイトで割り切り相手を上手に探すやり方をご紹介致します。
まず、出会い系サイトで割り切り相手を探すメリットはこちらです。

本人確認がしっかりとされている

割り切り相手を出会い系サイトで探すメリットは、まず本人確認がしっかりと行われているため、安心して使えることです。本人確認書類の提出も必須になるため、上でも出てきた、18歳未満の女子小中高生と出会ってしまうリスクを回避できます。

便利な機能や操作が簡単で使いやすい

出会い系サイトは、地域別や気になるジャンルで分けて簡単に相手を探す事ができます。割り切り相手を探す時には、出会い系サイトの中にアダルト掲示板があるので、これを使えばすぐに割り切り相手を見つける事ができます。更に地域別で探せば自分の生活圏内の割り切り女性をすぐに探すことが出来て、スマホの画面上で好きな時にいつでもやりとりできるので、効率よく出会いたい思いを叶える事が可能です。

女性会員も多く出会いの幅が広がる

優良な出会い系サイトは、デザインも可愛い物が多く、女性が安心して利用できる工夫がたくさんあります。幅広い年代の女性が多く利用しており、女性会員が多い事で色んな割り切り女性から自分のタイプの割り切り女性を選ぶ事ができます。

出会い系サイトでの割り切り募集のやり方

では実際にどのように出会い系サイト等で割り切り相手を募集すれば良いのかやり方をご紹介致します。

①掲示板で相手を募集

割り切り相手を探すには出会い系サイトのアダルト掲示板を使うのが早いです。自分で検索するやり方もいいですが、掲示板に割り切り募集の投稿をしておけば、割り切り相手を探している女性からメッセージが届くので、もっと早く割り切り相手を探す事ができます。

しかし、掲示板への書き込みの際に注意してほしいのが上でもお伝えした通り「割り切り相手を探しています」のように堂々と書き込んではいけません。
割り切り相手を出会い系サイトで探す時は、隠語を使って書き込みます。

以下では、割り切り募集でよく書き込みのある隠語を集めてみました。

割り切り募集で使う隠語集

出会い系サイトを利用して法律に引っかからないように割り切りを募集を行い出会うために書き込み方の工夫も色々なものがあります。

・「条件あり」「大人の関係を募集」「大人の付き合い」
→金銭の支払いあり

・「ホ別〇〇」「ホ込〇〇」「穂別、込」
→ホテル代とセックスの金額

・「P希望」「パパ」「パパ希望」
→パパ活希望(肉体関係が無い援助交際)

・「サポ希」「円女」「円」「縁」「支援」「定期」
→金銭的援助希望

・意味が分かる人だけ「ワリ」「割」
→割り切り募集をしていると意味が分かる人だけ募集

・「プチ」「口○」「手○」
→セックスではなくフェラや手コキで抜くという意味。「手割口割りで苺(イチゴ)」は、手コキフェラで1万5千円という意味になります。

・「生中」「生外」「ゴ無」
→生でなかだし、生で外だしかという意味。「生中、穂別、弐」は、生でセックスして中だし、ホテル代とは別に2万でという意味になります。

・「SF」
→セックスフレンド

・「AF」
→アナルセックス

値段の隠語

・苺、弐、参
→1万5千円、2万、3万の意味。
本番ありの割り切りの相場は、1万5千円~が多いです。

・U吉
→諭吉、1万の意味「手割、U吉、1枚」なら手コキで1万でという意味。

・お米
→お金

女性が割り切りをする理由は、割り切り相手から金銭的に援助してもらうことで生活に余裕を持てるからです。男性からすればめんどくさいやり取りをする事なく、すぐに性欲を満たせるので、男女どちらにもメリットがあります。

書き込む際にはできるだけシンプルな感じで「ホ別〇〇、生無しで今から会える人探しています。」のように要件がわかりやすいように書くのがおすすめです。あまりにも長文だと女性側から「ちょっとめんどくさそう」と思われ、返事が来る確率が低くなってしまいます。

②値段交渉をする

出会い系サイトで割り切り相手を探す時は、お互いに納得のいくサービス内容と値段で会うのが大事です。待ちぼうけ等の被害に会わないようにお互いが納得のいく形で会う約束をしましょう。

連絡をする際には、やりとりがめんどくさいからと無愛想な態度をとったり、失礼な態度をとってしまわないように気をつけましょう。相手に不信感を与えてしまうと割り切り相手が他の男性へ流れてしまいますよ。

③会う日時を打ち合わせる

出会い系サイトで割り切り相手と値段交渉が済んだら、次は会う日時を決定しましょう。お互いに普段の生活範囲から離れた場所で会う約束をした方が誰かに見られてしまうのではないかという不安を持つ心配がありませんよ。

<注意ポイント2点>

ここで気をつけたほうがいいポイントを2点、紹介致します。

・業者の存在

待ち合わせ場所を打ち合わせる事なく、強引に決めてくるような場合、業者の可能性が高いです。業者は、行動範囲が決まっている為、出会う場所をその範囲内で済ませようとしてきます。また業者の場合は、出会い系サイト内のプロフィール等でも判断ができるので確認してみるのも大事です。

・写真を交換する

日時を決定するタイミングで写真の交換をしておくこともおすすめです。プロフィールで写真があった場合は、もう一枚違う写真を送ってもらったほうが相手が本物である事を確認できますよ。それでも心配な方は、電話で少し話してみてもいいかもしれません。

④当日

・現金は先払いが基本

出会い系で見つけた割り切り相手と会う当日は、基本的に「現金は先払い」です。これは、女性から提案がある場合もあります。割り切り相手が一番欲しいのはお金です。先にお金を渡して安心させてあげましょう。

写真と全く違う相手が来た場合は援デリという業者になりますので、被害に会わないように気をつけましょう。後ほど、業者の見分け方もお伝えしますので、参考にしてみてください。

※援デリ:「援助交際とデリバリーヘルスの略」で一般の割り切り女性になりすまし、話を持ちかけ集客を狙うデリヘル業者です。本番行為があり、集客方法が違法なデリヘル業者となります。

・シャワー室にも貴重品はすべて持参する

割り切り相手とホテルに入ってからも気をつけないといけないポイントがあります。シャワーを別々に浴びる際は、貴重品等は全て脱衣所等の見える場所に持っていくようにしましょう。一部の割り切り女性の中には、相手がシャワーを浴びている間に財布から現金を抜き取る人もいます。そのような被害に会わないように気をつけましょう。

割り切り相手をネットで探す注意点

ここまで、出会い系サイトでの割り切り相手との出会い、割り切り関係のメリットについてお話してきましたが、ここからはネット上で割り切り相手を探す上での注意点を2点、ご紹介したいと思います。

割り切り相手が未成年の可能性がある

SNS等のネット上で割り切り相手を探す際、相手が18歳未満の未成年である可能性があることに気をつけましょう。上でもお伝えしましたが、売春防止法と青少年保護育成条例という法律があり、18歳未満の児童と売春行為が発覚してしまった場合は、児童買春法違反という罪に問われてしまいます。

児童買春法違反は、5年以下の懲役もしくは300万以下の罰金が課せられてしまい、重いものとなっています。

一度の過ちで人生を棒に振ってしまわないように注意しましょう。

優良な出会い系サイトなら年齢確認もしっかりと管理されています。身分証の提出も必要になるため「相手が未成年だと知らなかった」というようなことにはなりません。この点でも出会い系サイトで割り切り相手を探す事が一番安全ではないでしょうか。

援デリ業者の可能性があることにも注意

優良な出会い系サイト内でも割り切り募集の掲示板に援デリ業者が一定数潜んでいることは確かです。援デリ業者とは「援助交際とデリバリーヘルスの略」で一般の割り切り女性になりすまし、話を持ちかけ集客を狙うデリヘル業者です。国にも許可を受けていないこともある違法なデリヘル業者となり、最近は被害も増えているみたいです。

出会い系サイト内で割り切り相手を探す男性が仮に騙されたと気付いたとしても「セックスがしたいからこいつで諦めよう」と諦めてしまうことも多々あるようです。

援デリ業者の特徴と見分け方2選

では、援デリ業者の見分け方をご紹介いたします。

女性のプロフィールをよく見てみる

・魅力的なプロフィール写真

まず、女性のプロフィール写真を確認してみましょう。男性受けの良いようにとても魅力的な女性の写真が載っています。しかしこれらは、アジア圏内のどこかのSNSから拾ってきた写真になります。

・スリーサイズがはっきりと明記されている

スリーサイズは、はっきりと明記されており、エロい身体を男性が想像してしまうようなナイスバディに設定されています。一般女性が自分のスリーサイズを把握していることはあまりないのではないでしょうか。

・広すぎる希望タイプ

次に希望するタイプの欄を見てみると、希望年齢の箇所が幅広く設定されているかもしれません。中には本当に年齢を気にされない素人の女性もいるかもしれませんが、希望年齢が広すぎるのも一つのポイントになります。

・掲示板の更新率が高い

集客の為に更新率が高いのも業者の特徴になります。相手のプロフィールで書き込み履歴を確認ができるので確認してみても良いかもしれません。一日に何回も投稿しているようであれば、業者の可能性が高くなります。

やりとり中の違和感のある文章

出会い系サイト内でのやりとり中にも判断ポイントがあります。まず業者は男性会員の名前を呼びません。呼び方も「あなた」「貴方」等、変な呼び方をしてきます。文章の内容も「SM」「放置プレイ」「痴漢プレイ」「おもらし」「パイパン」「3P」等、様々なエロい単語を異様にたくさん使ってくるなど、普通に考えるとおかしいポイントがいくつか見られます。

連絡先も早い段階で聞いてくる

早く仕事を済ませたいので連絡先も早い段階で聞いてきます。連絡先を教えると今度は「今から会いたい」などすぐに会う提案をしてきます。更には待ち合わせ場所も指定してきます。業者は行動範囲が決まっているため、出会う場所もその行動範囲内で済ませようとしてきます。もし一般の割り切り女性であれば、待ち合わせる場所の融通も多少は効くはずですよね。

出会い系サイト内での援デリ業者の見分け方は以上になります。出会い系サイトで出会った割り切り女性に一つでも当てはまるような点があった場合は、すぐにやりとりを中止し、ちゃんと一般の割り切り女性を探すようにしましょう。

出会い系サイトなら割り切り相手と簡単に出会える

ここまで割り切り女性との出会い方について紹介して来ましたが、割り切り女性を探す上で一番確実に出会える方法は、優良な出会い系サイトで探す方法がおすすめです。業者の存在に気をつけなければいけませんが、それさえ気をつければ簡単に割り切り相手を探すことができます。

業者が少ないおすすめの出会い系サイト一覧はこちら

優良な出会い系サイトを使って、自分のタイプに合った割り切り女性と出会って下さいね。